【ダメよ~ダメダメ!】こんなワインは買い取ってもらえない

ワインを買取してもらいたい、と思って持ち込んだのに買取してもらえなかった…。それ、こんなことが原因だったかもしれません。

買取不可①ワインのコルクが痛んでいる

ワインの栓といえば、コルクです。近年、スクリューキャップも主流になってきましたが、高級ワインの多くは未だコルクを使っており、消費者もそれを望んでいることから人気が衰えることがありません。

さて、そんなコルクですが、あまりにも傷んでいると買取不可となることがあります。抜栓時、コルクが崩れて中に入ってしまったらワインが台無しですし、劣化していることでワイン中に酸素が多く取り込まれて締まっている可能性もあります。

見た目も良くありませんし、買取NGな店鋪も多いのです。

②開封済み・飲みかけのワイン

ワインをコレクションされる方も多く、そのため飲み物というよりは、資産として保存されている方も少なくありません。

しかし、ワインはれっきとした食品であり、一度抜栓したら最後、どんな気を使っても劣化が一気に進みます。

そのため、未開封の状態でないワインはどんな理由であっても、買取NGとしている店鋪がほとんどですので注意してください。特別、高級ワインだったということで瓶だけ買取してくれる場合もありますが、それは稀なケース。抜栓してしまったら、もう売ることは厳しいと覚えておくと良いでしょう。

③ラベル剥がれで名前や情報が確認できないワイン

ワインのラベルは、ワインの顔と言われています。もちろん、中身が最も重要ですが、どんなラベルが貼ってあるかはそのワインを語るのにもかなり重要なファクターとされています。

例えば、同じようなボトルに赤ワインが入っていたとして、片方何も銘柄が記載されていない可愛い絵のワインと、ロマネ・コンティと記載されているワインでは、その価値が全く別ものです。

ワインの顔はラベルということに、異論を唱える人はいないでしょう。さて、そんなワインにとって大切なラベルだからこそ、ここが破れていたり、最悪情報が読み取れないほどにボロボロなワインは買取が厳しくなります。

価値もそうですが、ラベルにはワインの全ての情報が記載されているため、どんなワインなのか鑑定士が把握できません。前述したように、抜栓したら最後売り物にならないので飲めませんし、結果買取NGとなるのです。

④未開封だけど目減りが激しいワイン

http://www.e-masukyu.co.jp/knowleadge/how_to_rank.shtml

未開封、高級ワイン、スペックは完璧ながら買取NGになる場合、目減りが関係しているかもしれません。

飲み頃を過ぎ、あとは酸化していくだけ…という状態になるとワインは目減りしていきます。スクリューキャプではありませんが、コルクの場合、酸素が入り込むと同時に溶液が蒸発してしまうことも考えられます。

どんどんワインの溶液が減少していけば、売り物にならないのは確かですし、味わいも劣化している可能性が大です。買取業者もそこまで冒険はしない、ということでしょう。

買取不可のワインでも業者によっては買い取ってくれる場合もある

これら原因に当てはまっているが、どうしてもこのワインを買取してほしい、と思っている方もいるでしょう。

実は、買取業者の中には買取不可のワインを買取してくれる場所もあり、高くはありませんが、品質によっては価格がつく場合もあるので諦めてはいけません。不安な時は、先に状態を説明し、買取できるか相談してみてください。

買取業者も、むげに断りたくありませんし、できれば最良のカタチで買取を成立させたいと考えています。ぜひ、検討してみてください。