【提示された査定額以上に高く売る】ワインの買取額がアップする条件

ワインを買取に出す際、ちょっとした部分に意識を向けるだけで、同じワインの買取額がアップすることがあります。ここでは、そんなワインの買取額が上がる小技を紹介しましょう。

買取額アップ①事前にワインを掃除して汚れを落とす

ワインボトルは、ワインの顔。要するに、この部分が汚れていたら買取査定額が減額されてしまう可能性があるので注意です。

“拭いてもらえば済む話なのに?”と、思われる方もいるでしょうが、逆に考えるとスタッフの清掃の手間が増える=人件費がかかる、ということです。

スタッフの手間を省いてあげる、ということが高価買取査定に繋がることも覚えておきましょう。

②ワインの付属品が揃っているか確認

ワインを購入した際、箱やさまざまな付属品がついてくる場合があります。例えば高級な銘柄を正規ルートで入手した場合、細々としたアイテムが付属してくることがありますが、マニアたちはそれだけでも高値をつけて売買します。

これはワインに限ったことではなく、高級ウイスキーや焼酎、日本酒などでも同様です。もし自分がワインショップに行った時に、裸のままのワインと箱入りのワインがあったら後者が欲しくなるのは自明です。

自分が買う立場になったら、ということも考えておくと高価買取査定に繋がりやすくなります。

③ワイン単品ではなく複数で買取に出す

ワインを買取する際、複数本持ち込んだ方が高い査定が価格がつくことがあります。そんなのおかしい、と思われる方もいるでしょうが、これも商売のカラクリ的な部分がかかわっているので覚えておきましょう。

例えば同じ銘柄のワインを1本だけ持ち込んだ時、当然ですがその1本価格で査定され、買取されます。しかしその銘柄のワインを一ケース分持ち込んだ場合、業者としては一気に在庫を増やせるため有り難いわけです。

さらに買取業者の取引先から1本じゃなくて、数本欲しいという発注は良くある話しです。そんな時、数を揃えているだけで買取店の評判は高まるわけですから、まとめて売ってくれた方が嬉しいのです。1本1,000円の買取額のワインであっても、12本持ち込んだらプラスアルファ査定ということで、15,000円で買取してくれることもあります。

『大量に持ち込んだら査定額が値踏みされる』というのは昔の話。今の買取業者は、能力が無ければ信頼を失いますので、信頼して買取に出してみましょう。

④人気の高い銘柄や手に入りにくい年代のワイン

当たり前かもしれませんが、ワインの買取業者、及びお酒の買取業者が最も高い価格で買取したいのが、人気の高い銘柄や手に入りにくい年代のワインやお酒です。

『レアもの』というと安っぽく聞こえてしまいますが、こういった希少価値の高いアイテムはどの業者でもこぞって高価買取を謳い呼び込みをしています。

ブランド品の場合、古いと買取価格がぐっと下がってしまうのですが、ワインはヴィンテージが命。

特に当たり年と言われているヴィンテージの希少価値の高い銘柄であれば、驚くべき価格の査定額が提示されます。自分が持っているワインが今、市場でどの程度の価値になっているのか。こういった部分にも着目すると良いかもしれませんね。

⑤製造から間もないワイン

希少価値が高い銘柄かつ、伝説的と呼ばれてるヴィンテージのワインであれば高価買取査定が狙えます。

しかし、ほとんどのワインは古くなれば品質が落ちるため、一般的なワインを売る場合は製造からあまり時間の経っていないものを買取してもらった方が高価買取査定になりやすいです。

ヴィンテージものをワインファンは好み、古ければ古いほど良いと思われがちですが、飲み頃のピークを過ぎたワインは商品になりません。

コレクションに使える銘柄であれば別ですが、普通のワインで古いものは販路に乗せても売ることができないため、安値になってしまいます。

それよりも、市販されてから間もないものであれば新鮮ですし、これから価値が高まるかもしれません。”できるだけ新しいワイン”。これも、高価買取査定のポイントになります。

⑥ワインの買取強化キャンペーン中を狙う

ワインをはじめお酒を買取に出す際に注目したいのが、『キャンペーン中か否か』というところです。

買取業者は時期によって買取強化月間などと謳い、10,000円以上の買取は20%買取額アップや、銘柄指定で買取額をアップさせるなど、多種多様なキャンペーンを打っています。

例えば、クリスマス前になればシャンパーニュの買取を強化するのは、誰でも分かる理屈でしょう。そういった意味で、同じワインを売るのであればキャンペーン中を狙った方が高価買取査定になりやすく、双方に得をするわけです。ぜひ、これらのテクニックを覚えておきましょう。