他のお酒より翌朝の二日酔いがひどい!「ワインは悪酔いする」の真相

ワインが悪酔いすると言われる原因とは

ワインを飲むと悪酔いする。そんな話をたまに耳にします。その理由には、亜硫酸塩が含まれているからとか、何かいけない成分が含まれているとか、そもそも甘いから…など、いろいろな説が語られています。

確かに、海外で造られているひじょうに安価なワインの中には、品質の良くないワインがブレンドされているものもあるので、そういった理由もあるでしょう。

また、醸造酒にはさまざなアルコール類及び成分が含まれているため、それが悪酔いを引き起こすと言われています。

そんな中、悪酔いや頭痛が起こる原因の有力な説として、「ヒスタミン」や「チラミン」という成分によるものが有名です。

ヒスタミンは血管を急速に広げて頭痛となり、チラミンは逆に血管を収縮させてしまい頭痛の要因となります。

これはどのワインやお酒の買取サービスを利用しても共通ですが、赤ワインに採用されているマロラティック発酵というリンゴ酸を乳酸に変化させる工程で、使用する乳酸菌の違いで発生してしまうと言われています。

そのため、古くから天然の乳酸菌を使用しているフランスのワインや海外産のワインの場合、頭痛が起こる可能性がある、ということです。

もちろん、亜硫酸塩やアルコールなど、さまざまな成分に反応を起こしやすい性質である、ということもあるでしょう。そのため、悪酔いの要因はコレ、と断定するのは早計です。

高級ワインも安いワインも大差はない

高級ワインは悪酔いせず、安ワインはダメ。確かに前述したように、ワイン法を無視した適当に造られているワインによっては可能性がありますが、市場に一般的に流通しているワインであれば、さほど高級とか安いとか、そういったことは関連しません。

前述したように、マロラティック発酵はほとんどの赤ワインで行われている工程であり、白ワインは本当にごく一部のものだけで採用されています。

つまり、赤ワインであれば高級だろうが、安価だろうが、頭痛や悪酔いを引き起こすことが考えられるということです。

とはいえ、近頃の赤ワインはチラミンやヒスタミンなどを誘発させない乳酸菌の酵母株を使っているため、以前より頭痛などが起こりにくくなっているはずです。

不快な悪酔いを予防するには

不快な悪酔いを防止するには、事前にそれらを防止する目的の飲料を飲んでおくとか、オリーブオイル、ヨーグルト等を摂取する。さらに、ワインと同量の水分を摂取するなどがあります。

また、温めて飲まない、ということも言われていますが、少量であればむしろ問題ありません。

問題は、冷やしすぎるとアルコールが体内に蓄積していることが分かりにくくなり、余計に飲んでしまう可能性があるからです。

居酒屋でビール、ハイボール、レモンチューハイを飲んでお手洗いに行く際、急にフラッとしたことがある方もいるでしょう。悪酔いをしないためには、まず飲み過ぎない。これも前提条件なのです。